【バンビウィンク】副作用はある?成分から安全性を徹底検証!

まつ育に効果があるといわれるバンビウィンクですが、その成分は色々な栄養素を元に作られているサプリメントです。

バンビウインクは、まつ毛の育毛に効果が期待されていますが、サプリメントとしての安全性副作用はどうでしょうか。

バンビちゃん

まつ毛に塗るコスメ美容液と違い、副作用はないのでしょうか?

 

検証してみました。

 

バンビウィンクに副作用の心配はない

副作用や安全性は大丈夫?イメージ画像

健康食品やサプリメントを販売するオルトのバンビウインクは、まつ毛を美しくするまつ育サプリメントです。

サプリメントは食品ですので、食物アレルギーのある方は成分によってまれにアレルギー症状がでる方もいらっしゃいますが、基本的に副作用の心配はありません。

成分とアレルギーの説明画像

バンビウィンクの公式ページにも食物アレルギーの記載があります。

 

バンビウィンクはサプリメント

サプリメントの写真

バンビちゃん

皆さんは、目の疲れを和らげるためや、骨密度の減少を抑えるため、少しでも疲れを癒すために、サプリを摂ることはありませんか。

私たちの周りには、鉄や亜鉛、カルシウムなどのたくさんのサプリメント商品があります。

加齢によって骨密度が不安や、動脈の働きに不安がある人がカルシウムやDHAのサプリメントを飲むことがあります。

 

風邪やインフルエンザ予防に、マルチビタミンのサプリメントを飲むこともあります。

サプリメントは薬とは異なり即効性はありませんが、身体への負担や副作用もありません。

バンビウインクも、こういった健康サプリメントの商品と同じ健康成分が利用されています。

 

バンビウィンクは妊娠中に飲んでも大丈夫

バンビウインクは、ベビーフードや普通の食品に使われている、安全な食品添加物が利用されています。

また、主な成分はビタミンなどの栄養素になります。

そのため、バンビウインクは妊娠中に飲んでも大丈夫といえますね。

 

バンビウィンクは授乳中に飲んでも大丈夫

ベビーフードにも使われるデキストリンや、食品にも含まれるクエン酸など、自然なものに含まれる栄養素です。

食品に利用される成分をより効果的な成分として作られたバンビウインクは、授乳中でも安心して飲むことができる、サプリメントになります。

そのため、バンビウインクは授乳中に飲んでも大丈夫といえます。

 

バンビウインクは安全性が高い成分を配合

安全性が高い成分のイメージ画像

バンビウインクに含まれている成分は、ビオチン、ビタミンE含有植物油、澱粉分解物、セルロース、ビタミンB2・B6、カロテン、酵母エキス、デキストリン、クエン酸、亜鉛、ビワ葉エキス、ポリアミン含有米胚芽抽出物などです。

普通の食品で使われているものばかりの、安全性が高い成分です。

 

デキストリンはトウモロコシやジャガイモの糖質で、ベビーフードにも入っている安全な成分です。

セルロースは食物繊維、クエン酸は柑橘類にも含まれる酸味のある添加物、と安全な食品添加物です。

食品と同じ添加物を使っているバンビウインクになります。

そのため、食物アレルギーがある人は、必ず医師などの確認をお願いしています。

 

【ビオチン】まついく成分

成分・ビオチンの説明画像

バンビウインクの主成分は、ビタミンの1つのビオチンです。

ビオチンは食べ物から摂ることが必要な、必須ビタミンの1つになります。

不足すると様々な欠乏症を起こすといわれるビオチンは、毛髪や体毛の成長や皮膚の乾燥による炎症にも関与している成分なのです。

 

そのため、ビオチンが含まれる卵や豆類、レバーなどを摂取する必要があります。

しかし、食べ物から摂る量は健康を保つ目的で利用消費されてしまいます。

そこで、ビオチンを含む健康補助食品が最近注目されるようになったのです。

 

特に、私たち日本人はビオチンが不足しがちということで、サプリメント商品から摂った方が良いという情報もあります。

また、ビオチンはまつ育成分として美容液にも配合されています。

バンビウインクは、まつ育効果上がるといわれているビオチンを、サプリメントの成分として配合しているのです。

 

【ポリアミン】年齢と共に減少する成分

成分・ポリアミンの説明画像

ポリアミンは、母乳にも含まれる細胞分裂やたんぱく質合成などに関与する成長因子です。

そのため、不足すると細胞分裂をすることができなくなります。

 

私たちの皮膚や体毛、毛髪は新陳代謝をして、新しい細胞が生まれることで作られます。

しかし、ポリアミンは年齢と共に減少してしまう成分なのです。

なので、加齢が原因でまつ毛が短くなったり、抜けて淋しくなってしまうことがあります。

バンビウインクに含まれるポリアミンは、加齢とともに弱くなるたんぱく質合成の働きを補助することで、まつ育につながるようになっています。

 

バンビウィンクは19種類の成分配合

ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの成分の説明画像

他にも、バンビウインクは19種類の栄養成分が配合されています。

栄養成分は、食物にも含まれるものですので、過剰摂取にならない量であれば副作用を起こすことはありません。

亜鉛

亜鉛は、鉄と同じように体内に必要な必須ミネラルの1つです。

眼球や肝臓・筋肉などに存在し、味覚を感じる味蕾を作る時に必要な栄養素です。

味蕾だけでなく、新しい皮膚・血液・体毛や毛髪などの細胞を作る時に必要な栄養素になります。

新しい血液細胞が作られないと血流が悪くなります。

血流が悪いと、私たちは貧血だけでなく毛根にも影響が出ます。

まつ毛にも毛根がありますので、亜鉛は健康な毛根を作るために必要な栄養になります。

 

各種ビタミンと葉酸

健康な皮膚や体毛を新しく作るためには、たんぱく質が必要です。

たんぱく質が皮膚や体毛になるためには、ビタミンB2が必要です。

他にも様々なビタミンやビタミンB群の一種の葉酸は、たんぱく質やアミノ酸合成のために必要です。

カロテンは体内でビタミンAの働きをするプロビタミンです。

成長に欠かせない栄養素で、まつ毛の育毛にも効果が期待できます。

葉酸は、成長には欠かせないビタミンということで、妊産婦に人気のサプリとしても知られるようになっています。

 

妊娠中や授乳中でも摂ることができる葉酸は、安全性の高い栄養素です。

 

バンビウインクは、このように複数のビタミンを配合したサプリメントになります。

 

 

ミネラルも豊富に配合

バンビウインクの成分である亜鉛は、微量ミネラルの1つです。

その他にも、ステアリン酸カルシウムといったミネラルが利用されています。

ステアリン酸カルシウムは、錠剤の薬を固めるために使われる安定剤として、バンビウインクでも利用されています。

 

他にも食品中のカルシウムを強化する働きがある、ドロマイトも含まれています。

 

アミノ酸

美容液や美容サプリメントでよく使われるL-シスチンはアミノ酸の一種です。

たんぱく質は20種類のアミノ酸によって作られていますが、バンビウインクは、その中で髪や爪に含まれるL-シスチンが配合されています。

L-シスチンはシミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑える働きがありますが、髪や爪・皮膚を健康に保つ効果も認められています。

老化予防も期待されているアミノ酸にもなります。

そのため、アミノ酸のL-シスチンがまつ育効果サプリメントのバンビウインクで利用されています。

 

まとめ

副作用の心配はないバンビウィンクですが、サプリメントも食品ですので食物アレルギーをお持ちの方は医師に相談されるなど注意したほうがいいでしょう。

しかし、バンビウィンクは安全な成分と品質管理のいき届いた工場で作られているサプリメントです。

殆どの方が安全に飲むことができます。

また、妊娠中や授乳中の方でも安心して使用できるサプリメントです。

まつ育したい方には嬉しいサプリメントですね♪

 

\公式サイト限定キャンペーン!/

こちらの記事では実際に私がバンビウィンクを飲んでみた感想やレビューを画像付きで紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました